お知らせ

2018-07-13

石田コミュニティーセンター 出張講演開催

平成30年7月13日(金)10:00〜11:30 上三川町石田地区にある公民館で
当院の理学療法士:森・宗像・布川による健康体操を参加者30名の皆様に行って頂きました。
今回は、依頼者である山本さんから、「楽しく体を動かす内容」とのリクエストがありました。要望に応えるべく、理学療法士達が知恵を絞り検討を重ねた新作の講演メニューを披露しました。
単純なものから、頭を使う体操まで、あっと言う間の1時間半でした。
右手と左手を同時に違う動きをしながらステップを踏み、更に童謡を歌う体操では、思うように動かず、皆さん爆笑でした。
休憩時間では、「私ね、新上三川病院で両膝を人工の関節にしたら痛みが取れてこうやって公民館に来れるようになったのよ」とか「肩が痛くて上三川病院で診てもらおうと思っていたから罹り方を聞きたいわ」など、当院職員が住民の皆様の声を直接聴くこともできました。石田地区の皆さんは、山本さんを中心にとてもチームワークがよく明るく元気な方ばかりで、私達も楽しかったです。ありがとうございました。

2018-07-12

演歌舞踊を開催しました。

平成30年7月13日(木)に当院の待合スペースにて、河藤流絵理華会の方による演歌舞踊を開催しました。
約30名の患者様が参加され、「稲村の火」や「みだれ髪」など全7曲を披露して頂きました。
演目毎に異なる物語を、華麗な踊りで表現され、その姿にすっかりと魅了されていました。
また、「日光和楽」の盆踊りでは、患者様も手拍子をして一緒に盛り上がりました。
参加された方からは、「リハビリの励みになった、前向きになれた」などのお声を頂きました。
今後もこのような場を設けて、患者様にとってより良い生活になるよう努めていきたいと思います。

2018-07-10

東蓼沼公民館で健康教室開催しました。

平成30年7月10日(火)、今回は参加して頂いた18名の皆さんに、ラジオ体操を中心に体を動かすことの重要性をお伝えしました。
また、頭を使いながら体を動かす簡単な運動をご紹介すると、ラジオ体操の時の真剣な表情とは変わり笑い声が漏れ、「別の集まりで友達に教えてあげたい」との感想を頂きました。
体操合間の休憩時間には、「次回は、膝、腰、肩の痛みがなぜ起こるのかと予防体操をやってほしい」とリクエストを頂きました。
これからも、ご参加頂く皆様の要望を優先し、皆様にとって意味のある健康教室になるよう担当者一同努力して参ります。

2018-07-01

採用情報リニューアルのお知らせ

この度、新上三川病院の採用情報をリニューアルしました。
院長 大上仁志先生からのメッセージをはじめ、先輩職員からのメッセージが紹介されています。また、充実した福利厚生についても紹介しています。お気軽にお問い合わせください。

2018-06-30

日本舞踊が披露されました

当院にて、万吏也会の皆様による日本舞踊が披露されました。
ご覧になられた患者様は、唄と三味線の音楽に合わせてしなやかに舞う「間」と華やかな物語を味わいながら楽しんでいただけたようです。
万吏也会の皆様、心を込めて素敵な日本舞踊を披露いただき、ありがとうございました。
1. 舞踊小曲 寿獅子
2. 歌謡曲 童神 ~ヤマトグチ~
3. 舞踊小曲 九州八景
4. 元禄さくら踊り

2018-06-29

天神町公民館で出張講演を行いました。

平成30年6月29日(金)10時〜11時半 上三川町天神町公民館で『首の痛みと肩こり体操』と題して、当院の理学療法士から痛みの原因と気軽にできる肩こり体操をお伝えしました。ラジオ体操を行う際は、口々に「ラジオ体操は久しぶりで忘れちゃったわ」と言いながら、しっかり体を動かしていらっしゃいました。
体操の後は、お茶とお菓子を口にしながら、「物忘れ外来ってどうなった時に受診すればいいの?」等、健康に関する疑問、不安の話題が多く、同席した看護師が簡単な健康知識と物忘れ外来の説明をしました。本日参加された皆様から「新上三川病院は整形外科だけの病院だと思っていた。内科や泌尿器科まであるとは知らなかった」と驚かれていました。
出張講演を通じて、地域住民の皆様が当院をより身近な存在と感じて頂けるよう、これからも積極的に出向いて行きたいと願っております。

2018-06-15

第3回新入MSW研修会を開催しました。

平成30年6月15日(金)午後に、グループ病院である新久喜総合病院にて開催しました。今回は関東16病院から32名が参加し、MSW基本姿勢パート2と事例分析を行いました。基本姿勢では、グループの理念を達成するために、MSWとしてどのように考え行動するかの講義がありました。また、事例分析では、新入MSWが最初に受け持つ機会の多い事例を通し、情報収集の視点、判断力、援助の進め方をグループワークし、先輩MSWの助言を受けました。
今後は、10月、11月に新入MSW研修会、9月、2月には中堅MSWの研修会を企画しています。1年を通して各病院のみならず、グループ全体で明るくイキイキとしたMSWの育成に努力しています。

2018-06-15

音楽会を開催しました。

平成30年6月14日(火)14時から当院の外来待合スペースでアマチュアズの皆様による音楽会を開催しました。
約30名の患者様が参加され、オカリナ・アコーディオンの演奏で「夏の思い出」や「リンゴの歌」、「ふるさと」など懐かしい曲を一緒に歌ったり手拍子したりして盛り上がりました。
参加された方からは、「とても素敵な演奏をきけたのでこれからもリハビリ頑張れそうです。」との感想をいただきました。
今後も入院されている患者様の気分転換、心のリハビリになるような催し物を検討していきたいと思います。

2018-05-26

第7回自治医科大学附属病院 地域医療連携研究会に出席しました

平成30年5月26日(土)ホテル東日本宇都宮にて行われた、第7回自治医科大学附属病院 地域医療連携研究会に出席しました。
講演会では、自治医科大学小児科学 教授 小坂 仁先生による、”トランジション医療 小児から成人へ、特に医療的ケア児を中心に”では、医療的ケア児の現状と今後のシステム構築について、大変貴重なお話しを伺うことが出来ました。
次に、NHO宇都宮病院 病院長 沼尾 利郎先生より、”重症心身障害施設の現状と課題
NICUから在宅への橋渡し機能とレスパイト機能”について、重症児入所施設の現状や、在宅支援と連携の必要性をわかりやすく御講演頂きました。
また、自治医科大学附属病院 病院長 佐田 尚宏先生より、今後の医療連携についての発表がありました。
懇親会では、大学病院、開業医の医師はじめ、関係者が豪華なお食事をいただきながら、和やかな雰囲気の中、自己紹介、意見交換を行うことができました。貴重な機会を頂きありがとうございました。

2018-05-22

特別講演「豊かな人間関係をつくる自己分析」

平成30年5月22日、横松陽子先生による「豊かな人間関係をつくる自己分析」の講演を開催して頂きました。
今回の講演会では、エゴグラムを使用し、自我の状態を多角的面から分析し、グラフを作成しました。これらのグラフを基に心の強い部分と、弱い部分を分析することが出来ました。
日頃は患者様に向けている意識を内面に向けることで、自分自身を理解し、より良い人間関係を構築できるよう業務に努めます。
横松先生、貴重な講演をありがとうございました。

前の10件 <<  1  2  3  4  5  6  >> 次の10件